環状シリーズ

光突起部の光学部品用に中心孔のあるモジュール

SHシリーズは、中心孔を持つ熱電冷却器。高温側と低温側のセラミックの中央に丸い穴が開いており、凸状の光部品や機械的な固定、あるいは温度プローブを取り付けられる。RHシリーズは、丸い形の中心孔のある熱電冷却器。この高温側と低温側のセラミックには丸い穴が中央に開けてあり、凸状の光部品や機械的な固定、あるいは温度プローブを取り付けられる。この製品ラインは、多数の構成や寸法や形で入手できます。SHシリーズは、大電流でより大きなヒートポンプの応用に向いています。


特長

  • 中心孔
  • 正確な温度制御
  • 騒音や振動がない
  • 信頼性の高い固体デバイス
  • 直流動作
  • RoHS準拠

仕上げ加工のオプション*

  • L - ラップ仕上げ / ラップ仕上げ
  • L1 - ラップ仕上げ / ラップ仕上げ
  • L2 - ラップ仕上げ / ラップ仕上げ
  • MM - 金属加工/ 金属加工

封止技術のオプション*

  • RT - RTV
  • EP - エポキシ

*あなたの求める仕上げ加工や封止技術のオプションを持つ熱電冷却器が下に示したリストにない場合には、「見積もり請求」ボタンか「テクニカルサポートに連絡する」ボタンを使って注文してください。



* レアードサーマルシステムズ社およびそのエージェントが提供する情報はどれも正確で信頼できるものです。全ての仕様は予告なしで変更することがあります。