分析

Analytical icon実験室環境使われる分析計測機器は、貴重な実験スペースを開放するために小型にしながら機能を増やすように設計されています。より多くの電子回路を少ない床面積に押し込むと、熱流束が増え熱問題につながります。熱電冷却アセンブリは、冷却ソリューションを提供し、熱問題に対してOEMが進んだ温度、湿度、湿気の制御をできるようにします。

 

Electron Microscopes

電子顕微鏡

電子顕微鏡は、高解像度の画像を撮る先進の実験ツールで、生物や非生物の資料の凹凸や形、輪郭を表すことができます。画質を最大にするためには電子部品や試料を最適な温度に保つ必要があります。
電子顕微鏡の詳細はここを読んでください

 

Digital Microscopes

デジタル顕微鏡

最新の顕微鏡装置は、細胞培養のリアルタイムの測定と分析用に解像度の高い画像が得られます。熱電冷却チラーがイメージセンサや熱に弱い電子部品を冷却するのに使われ、鮮明な高解像画像を得ることができます。
デジタル顕微鏡の詳細をお読みください。

 

Centrifuges

遠心分離機

遠心分離機は、医療や分析の実験室で使われ、高速回転の遠心力で流体を分離します。遠心分離機の回転によって生じた熱と、試料の温度を一定に保つことの重要性によって、熱管理ソリューションが求められます。 
遠心分離機の詳細はこちらへ

 

Incubator Chambers

ふ化チャンバ

ふ化器は、病院や研究所で使われ、細胞培養を育て維持します。細胞の成長に最良の条件を生み出すためにふ化器は温度と湿度を一定になるように設計されています。ペルチェ熱電冷却アセンブリは、ふ化器の温度制御のために効率がよく信頼性高く、低い保守及び運転コストを提供します。
ふ化チャンバについての詳細はこちら

 

Liquid Chromatography

液体クロマトグラフィ

液体クロマトグラフィは、混合物を分離、特定、構成成分の定量化によって、混合物を分析するのに使います。温度制御は、試料の成分と吸着材との間で起きる相互作用に影響を与えることによって、分離プロセスにおいて主要な役割を演じます。熱電冷却器は、正確な温度制御や、高速の温度上昇速度、液体クロマトグラフィ装置用向けに高い効率を提供します。
液体クロマトグラフィに関する詳細はこちらへ

 

DNA Amplification

DNAの増幅

PCR検査システムは、熱電効果を使ってDNA試料を熱サイクルにかけ、数百万というDNAの「より」を作ります。高速の熱サイクルと正確な温度制御がDNA増幅を速めるのに重要です。
PCR熱サイクルに関する詳細はこちらへ

 

Bath-Cooling

浴槽冷却

実験室の冷却用浴槽は、温度変動が成分間での相互作用に悪影響を及ぼすので、周囲温度以下になるように正確な温度制御を維持しなければなりません。再循環チラーは、温度安定性が高く、周囲温度以下に冷却できます。
浴槽冷却の詳細をお読みください。