光エレクトロニクス

Optoelectronics-icon光エレクトロニクスは、光源や光検出、光制御として使われ、自動車や通信、工業用途の広い範囲で重要度を増してきました。ハイビームの品質と低い消費エネルギーを持つ光エレクトロニクスは、低コストで優れた性能を提供します。熱に弱い光エレクトロニクス部品が動作する高温の環境の可能性もあるため、能動的な熱電冷却器が温度を安定にするために使われ、最高の性能と長寿命動作を保証します。

 

CMOSセンサ

高度になったCMOSセンサ技術は、高速読出し速度で高解像度の画像を、民生や工業、マシンビジョンの応用でとらえることができます。温度が高くなると画質に悪影響を及ぼしますので、熱電冷却器がイメージセンサのスポット冷却に使われます。
詳細はCMOSセンサをお読みください

 

Coolng for Machine Vision Learning

マシンビジョン

外観検査装置や物体検出、顔認証は、革新的なマシンビジョン技術を利用し、高解像度の映像をキャプチャーし解析します。イメージセンサを最大動作温度以下に保ち、最高画質を確保するため、能動的な冷却技術が求められます。 
詳細はマシンビジョンをお読み下さい。

 

Digital-Light-Processors

DLP照明

DLP(デジタルライトプロセッサ)照明は、マイクロミラーを使ってヘッドアップディスプレイやスマートヘッドライト、スマートフォンなどのディスプレイやプロジェクタ応用として高解像度の画像を創り出します。設計エンジニアはスペースの制限や高温環境によって熱の問題に直面しています。熱電冷却器はDLPデバイスの中の熱に弱い電子回路を保護し最適な性能を確保します。
DLPについての詳細はこちらをお読みください

 

Lidar Sensors

ライダーセンサ

AI(人工知能)やマシンビジョンの学習、自律システムはLIDARセンサ技術を使い、デジタル3D画像を提供します。高温になると画質の確度に悪影響を及ぼしますのでLIDAR部品は、特に屋外応用で過熱しないように保護しなければなりません。固体の熱電冷却器は最大の解像度を保証するために有効な冷却技術となります。
ライダーセンサに関する詳細はこちらへ

 

Optical Transceivers

光トランシーバ

新しい高速の5G通信規格は、光トランシーバのような重要な部品にとっては熱の問題があります。光トランシーバにはレーザーダイオードを搭載しており、データ転送の損失をなくすため70℃以下に保たなければなりません。レアードサーマルシステムズは、熱電冷却アセンブリを設計し次世代5Gネットワークの高速性を維持しています。
光トランシーバに関する詳細はこちらへ

 

optoelectronics laser diodes

レーザーダイオード

レーザーダイオードは、電流を光に変換することができ、光ファイバ通信やバーコードリーダー、レーザープリンタ技術など広い範囲の応用に使われています。小さなパッケージと高温環境が一緒になると、問題が生じます。レアードサーマルシステムズの能動的な熱電冷却器は、コンパクトなサイズで正確な温度制御ができます。
レーザーダイオードに関する詳細はこちらへ
 

Security-camera-applications-thermalセキュリティカメラ

セキュリティカメラのように屋外で使われる光エレクトロニクスは、熱管理ソリューションが必要で、熱に弱い電子部品を最大動作温度以下に保ち、高画質で高解像度を確保する必要があります。HiTemp ETX シリーズの熱電冷却器は最大150℃の温度でも動作できますので、ほとんどの屋外用途よりも優れています。 
セキュリティカメラに関する詳細はこちらへ