工業用

Industrial-icon工業用レーザーや液体クロマトグラフィ、半導体製造装置などの工業用装置に対する冷却能力の要求は、200Wから数百kWまで及び、温度の制御は-80℃から150℃の範囲で求められます。レアードサーマルシステムズは、固体の熱電冷却ソリューションと液冷ソリューションの両方を提供し、広範囲な冷却と温度コントロールに対応します。

 

Industrial Laser

工業用レーザー

切断や溶接、微細加工、ドリルに使われる工業用レーザーは、大量の熱を発生しますので、素早く効率よく放熱しなければなりません。レアードサーマルシステムズの再循環チラーと熱電冷却器は、高い排熱容量で、正確な温度コントロールを工業向けに提供します。
詳細は工業用レーザーをお読みください。

 

Additive Manufacturing

アディティブ製造

アディティブ製造は、3Dプリンティング技術として知られていますが、高品質の最終製品に向けて高速の試作と製造ができるようになります。高品質の部品を作り、長い動作寿命を確認するために3Dプリンタの電子部品が正確な温度をコントロールする熱ソリューションが求められます。
アディティブ製造に関してここをご覧ください。

 

Laser Projectors

レーザープロジェクタ

高出力レーザープロジェクタは、映画や光のショーなどの娯楽応用でよく使われています。高解像度の画像を投影するためにレーザープロジェクタは動作中に最大6kWが必要です。レーザー自体が100W ~300Wの熱を発生しますので、能動的な冷却ソリューションが求められ、熱に敏感なレーザーの光学部品の温度を制御し、性能を最大に維持します。
レーザープロジェクタの詳細はこちらをご覧ください。

 

Cooling for Machine Vision Learning

マシンビジョン

外観検査システムや対象物の検出、顔認証は、画期的なマシンビジョン技術を利用して、高解像画像を捉え分析します。イメージセンサを最大動作温度以下に維持し、高い画質を保証するためには、能動的な冷却技術が求められます。 
マシンビジョンについての詳細はこちらをご覧ください。

 

CMOS Sensors

CMOSセンサ

最新のCMOSセンサ技術は、民生や工業用のマシンビジョン応用で、高速の読出し速度で高解像度の画像を捉えることができます。高温になると画質は劣化しますので、熱電冷却器を使い、イメージセンサをスポット冷却すます。
CMOSセンサの詳細はこちらをご覧ください。

 

Infrared-range-sensors-thermal-cameras赤外線(IR)センサ

赤外線(IR)センサは、放射(熱)を検出し可視化し画像に変換しますので、人間の動きや体温を追跡するのに使われます。IRセンサは熱雑音を最小にするため積極的に冷却するソリューションが必要で、画質を大きく改善します。
IRセンサの詳細をお読みください。

 

Liquid Chromatography

液体クロマトグラフィ

液体クロマトグラフィは、組成成分を分離し、特定し、定量化することによって、混合物を分析します。温度の制御は、試料の成分と吸着剤との間で起きる相互作用に影響を及ぼすことによって分離するプロセスでは主要な役割を果たします。熱電効果は正確に温度を制御し、高速の温度上昇速度と大きな効率を液体クロマトグラフィ装置にもたらします。
液体クロマトグラフィの詳細はこちらをご覧ください。

 

Semiconductor Test Equipment半導体計測装置

半導体製造プロセス全体に渡って今や、自動計測装置が導入されデバイスの欠陥を見つけたり品質を確認したりしています。24時間365日動作する半導体テスト装置には信頼性の高い冷却ソリューションが求められます。正確な測定を維持するために安定さが必要だからです。
半導体計測装置の詳細をお読みください。


 

Semiconductor Fabrication Equipment Cooling

半導体製造装置の冷却

半導体製造工場で使われる重要な製造装置は、信頼性が高く、しかも停止時間を最小にするためにサービスを簡単にしなければなりません。半導体製造環境は、液体冷却システムを設計し作り上げる上で、最も難しい応用の一つです。レアードサーマルシステムズは、カスタム冷却と温度制御システムを正確な温度制御のために提供しています。
半導体製造装置の冷却の詳細をお読みください

 

Microchip-thermal-test-sockets

高温テスト用ソケット

高温テスト用ソケットは半導体製造工程の最後の段階で使われ、最終製品に組み込む前にマイクロチップを高温でテストします。高温テスト用ソケットの設計者は、熱管理ソリューションを統合して、0℃から100℃の範囲にある極端な環境条件で温度を安定化しなければなりません。
高温テスト用ソケットの詳細はこちらへ

 

Industrial X-Ray Cooling

工業用X線冷却

レアードサーマルシステムズは、高性能で高信頼、コスト効率の良い液冷システムを工業用X線スキャナー向けに設計、生産しています。この堅牢なシステムは、X線管によって生じる大量の熱を放散しますが、マシンの稼働時間は最大限に延ばし、現場での修理や保守を最小にしなければなりません。
工業用X線冷却に関してはこちらをお読みください

 

Corrosion Prevention in Cooling Loops

冷却ループにおける腐食の防止

腐食は、化学的、電気化学的、あるいは擦り減りにより液冷ループで発生します。これは濡れた表面で熱を移送する液体によって引き起こされます。これは液体の流れやポンプ部品には悪い影響を及ぼし、漏れを起こす場合さえあります。正しい技術と材料を使うことによって、腐食は防止できます。
冷却ループにおける腐食の防止に関してこちらをお読みください