液体クロマトグラフィ

Liquid-Chromatography高性能な液体クロマトグラフィ(HPLC)は、混合物の組成成分を分離、同定、定量化することによって混合物を分析するのに使われる技術です。液体クロマトグラフィは通常は、もっと少ない量の試料で運転し、混合物内の成分を相対比例で測定しています。製薬や食品科学、石油産業の研究所でこれらの測定装置は製品開発やリバースエンジニアリングに使われています。

温度制御は、液体クロマトグラフィの分離工程で主要な役割を果たします。試料の成分と吸着材との間で起きる相互作用に影響するからです。HPLC装置の温度を制御する上で、熱電ペルチェ技術を主に2つ使います。熱電による冷却と加熱を使う試料トレイの温度制御と、分離カラムの加熱冷却です。  

レアードサーマルシステムズの標準およびカスタム仕様の熱管理ソリューションは正確な温度制御を行い、液体クロマトグラフィ装置の性能を最適化します。HiTemp ETX 熱電冷却器は、優れた性能を提供し、加熱・冷却の両方ができます。レアードサーマルシステムズの PowerCoolTunnel シリーズ 熱電冷却アセンブリはSR-54 プログラマブルコントローラ によって駆動され、完全な熱管理ソリューションを提供します。

当社のアプリケーションノートにある液体クロマトグラフィについての詳細は 液体クロマトグラフィシステムの過熱と冷却をお読みください。