通信

Telecom-icon高速の有線ネットワークとブロードバンドサービスの出現は、現在そして未来の通信とコンピュータ技術のインフラへとてつもない要求を突き付けています。より大きな機能とより高速性によって、ネットワークと通信インフラ装置における熱の問題が増えてくるのです。レアードサーマルシステムズは、次世代ネットワークの熱問題を効率よく扱う熱電アセンブリを開発しています。

 

Optical Transceivers

光トランシーバ

新しい高速の5G通信規格は、光トランシーバのように重要な部品に熱問題が生じることを示しています。光トランシーバは、損失のないデータ伝送を保証するために70℃以下に保たなければならないレーザーダイオードを含んでいます。レアードサーマルシステムズは、熱電冷却アセンブリを設計し、次世代5Gネットワークの高速性を維持しています。
光トランシーバの詳細はこちら

 

筐体の冷却

今日、多くの電子キャビネットが、不必要に高価でかさばったコンプレッサベースの空調で冷却されています。熱電冷却アセンブリは、通信やバッテリバックアップ、工業用など屋外のキオスクやキャビネット内で動作している電子機器を、もっと小型でもっと効率良く冷却・加熱する選択肢です。
筐体の冷却に関する詳細はこちらへ

 

Base Station Battery Cooling

基地局のバッテリを冷却

セルラー通信アンテナ塔への電力が止まると、緊急バッテリが最大6時間電力を供給します。しかし、バッテリは最適な温度範囲から外れると、寿命が大きく減少します。熱電冷却アセンブリは、冷却パワーを大きくし信頼性を向上させることで、バックアップバッテリシステムを保護します。
基地局バッテリの冷却に関する詳細はこちらへ