輸送機器

Transportation-icon輸送技術の進展は、熱管理ソリューションにおいて常にイノベーションを求めています。例えば、自律システムや工業用X線検査装置は多くのメリットをもたらしますが、温度が上昇するとデバイスやシステムはそれに耐えなければなりません。高温では熱電冷却器が熱管理のソリューションを提供します。許容できる温度範囲で各システムを動作させ、性能を最適化するために必要なソリューションです。

 

自律システム

小さな面積内に多くの機能を詰め込むと、熱流束密度が高まり、クルマのヘッドアップディスプレイ(HUD)に熱問題が起きます。HUDの温度を最大動作温度以下に保つためには能動的な冷却技術が必要になります。
自律システムの詳細はこちらへ

 

Digital-Light-Processors

DLP照明

DLP(デジタルライトプロセッシング)照明技術は、ヘッドアップディスプレイやスマートヘッドライトのようにクルマに応用され、より明るく、クルマの前方の光をより集中させます。DLPシステムは高温環境で動作し、熱に弱い電子回路を保護し性能を長い期間、保証するために能動的な熱管理ソリューションを必要とします。
DLPの詳細はこちらへ

 

X-Ray Inspection Systems

X線検査装置

クルマをスキャンし、安全性とセキュリティを担保するため、X線検査装置は動作中に数kWの熱を発生します。性能を最適化し動作寿命を長くするため、X線管のアノードを冷却する必要があります。液冷システムは空冷ベースの熱移送メカニズムよりも効率が高いので、信頼性が高く、システムの稼働時間は長く、総運転コストを下げることができます。
X線検査装置の詳細はこちらへ