デジタル顕微鏡

画像

デジタル顕微鏡は、高解像度の画像を捉えて、生物や無機物の試料のテクスチャや形状、輪郭、構造などを表す先端実験室のツールです。最新のデジタル顕微鏡はCCDやCMOSセンサベースのカメラを使い、試料に焦点を当て、デジタルスクリーン上に結果となる画像を映し出します。

イメージセンサは熱雑音を最小にし、解像度を最大にするためアクティブ冷却が必要です。顕微鏡のタイプによりますが、カメラは長時間露光を受け入れるために温度を18℃以下に安定して保つ必要があります。周囲温度以下に冷やすことのできる熱電再循環チラーは、ヒートシンクやファン、周囲の液体冷却システムのようなパッシブ冷却ソリューションよりも良い選択肢です。熱電チラーは、イメージセンサを極めて正確に温度制御を行いますが、検出器やFPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)のような温度に弱い他の部品を冷却することもできます。


Nextreme™熱電チラー

排熱能力が最大400Wと高く、温度安定性は±0.05°CというNRC400はデジタル顕微鏡で、解像度が最も高い製品です。固体の熱電デバイスなので可動部分が少なく、メンテナンスを減らすことができ、画像解析装置の全運用コストTCO(Total cost of ownership)を減らすことができます。

Nextreme™ NRC400 熱電チラー を探していただくか、に関するアプリケーションノートをご覧ください。

デジタル顕微鏡の正確な冷却のための熱電チラー

OEMの視点:バイオテクノロジー研究のための再循環チラー