DNA増幅

画像

PCR(ポリメラーゼ鎖反応)は、DNA配列を増幅するために分子診断で広く使われる技術です。PCRは温度サイクル試験装置と呼ばれる装置で可能にします。つまり、DNA試料に急速な加熱冷却を繰り返し、温度差ごとに配列を定義します。

リアルタイムでデジタルPCR試験に使われる現在の温度サイクル装置はペルチェ技術を利用して、設定温度と上昇率を正確に管理します。過熱と冷却を繰り返すことで起きる機械的な応力によって標準的な熱電冷却器よりも厳しい環境に置かれます。


PowerCycling PCXシリーズ

レアードサーマルシステムズのPowerCycling PCXシリーズの熱電冷却器はPCR温度サイクル試験のような高信頼性の応用機器に向けて設計されています。このため長いMTBF(平均故障間隔)が求められます。次世代の熱電材料でアセンブリされ、PCXシリーズは、標準的な熱電冷却器よりも速い上昇速度を提供します。

PCXシリーズを探し出してください。あるいは当社のアプリケーションノート「リアルタイムPCR用次世代熱電技術」にあるPCR向けの熱電冷却器についてお読みください。