OptoTEC™ OTX/HTXシリーズ

High-performance thermoelectric cooler for temperature stabilization of optoelectronics

OptoTECTMシリーズは、小型高性能の熱電冷却器で、先進の熱電材料を使い、標準的な熱電冷却器よりも優れた冷却性能を提供します。 プロセス制御は、通信や工業機器、自律機器、フォトニクス応用機器で温度を安定化し、再現性と長寿命動作を保証するために拡大してきました。 OptoTECシリーズはOTXとHTXの2機種が入手可能です。 OptoTEC OTX熱電冷却器は、最大動作温度が120℃ありますが、OptoTEC HTX熱電冷却器は、最大150℃までの高温でも動作できるように設計されています。

Read OptoTEC OTX/HTX Series Test Protocol



特長

  • 小型形状サイズ
  • 正確な温度制御
  • 信頼性の高い固体動作
  • 騒音も振動もなし
  • 直流動作
  • RoHS準拠

仕上げ加工のオプション*

  • 11 - ラップ仕上げ/ラップ仕上げ
  • TB - ラップ仕上げ/ラップ仕上げ
  • 00 - 金属加工/金属加工
  • 22 - スズ前処理加工/スズ前処理加工
  • 20 - スズ前処理加工/金属加工
  • GG - 金メッキ/金メッキ

封止技術のオプション*

  • RT - RTV
  • EP - エポキシ

*あなたの求める仕上げ加工や封止技術のオプションを持つ熱電冷却器が下に示したリストにない場合には、「見積もり請求」ボタンか「テクニカルサポートに連絡する」ボタンを使って注文してください。


OTX Series

The OptoTEC OTX Series uses SbSn solder, enabling a maximum operating temperature of 120°C and a melting point of 232°C for reflow purposes.

HTX Series

The OptoTEC HTX Series uses AuSn solder, enabling a maximum operating temperature of 150°C and a melting point of 280°C for reflow purposes.


* レアードサーマルシステムズ社およびそのエージェントが提供する情報はどれも正確で信頼できるものです。全ての仕様は予告なしで変更することがあります。